株式会社サンシン

INTERVIEW

- 今はどんなお仕事をされていますか。

副部長として、営業やイベントの企画などを担当しています。イベントは毎月3回ほど行なっていますが、季節などに合わせてタイトルを考えたり、商品やお土産など、みんなで考えています。イベントを考える時はどうすればお客様の毎日を、心を豊かにしてあげるかことができるか、喜んでいただけるかを常に考えていますね。入社した時に、どんな仕事がしたいかというアンケートがあり、イベント企画を担当したいと思ったのですが、実際に担当してみるとイベント内容を考えるなど、難しい部分もありました。でも今は毎回悩みながらも楽しんでいます。イベント以外に、お客様のところにもよく伺っています。お客様の平均は75歳ぐらいの方たち。当社と長いお付き合いのある方ばかりです。皆さん、とても心が若いんですよ。そういう方とお付き合いできるって幸せだと思います。教えていただくことも多いです。同世代との付き合いでは気づかないことがたくさんあります。

- あなたにとってサンシンはどんな会社ですか。

販売しているのは、ジュエリー、毛皮など、高価なものですが、社内ではとてもアットホームです。家族のような感じで、それが当社の魅力ですし、長くお勤めできる理由なのではないかと思います。上司をはじめ、お客様も私より年上で経験豊かな人たちが多いので、学ぶことも多いですし、なんでも相談できる環境です。入社して1年は研修などで商品の知識など学びますが、勉強してもわからないこともあります。やはり実際にお客様とお会いし、お話することが一番勉強になります。私も入社当時はお客様を訪問する先輩にずっとついて行ってました。知識がないのは、心配ありません。私もまったくありませんでした。この仕事は難しいようで、難しくない。考え方次第です。やればやるだけ自分のものになります。反対にやらなければそれもそのまま返ってきます。向上心のある人には、いい仕事です。努力が目に見える仕事です。

- サンシンに入ろうと思ったきっかけを教えてください。

高校の時に求人票を見たことがきっかけです。はじめ友人が会社説明会に行くと言っていて、それで私も興味を持ちました。第一印象は、キラキラです。あんなにたくさんの宝石を見たのは初めてで、華やかな職場だと思いました。華やかできれいな職場だったので、ここで働きたい。入社しようと思いました。

- 仕事のやりがいはどんなところですか。

売り上げを達成した時は、やはりうれしいですね。入社して1年は先輩たちの仕事を見ていましたが、同時に目標が設定されたら私も頑張らなくてはと思っていました。達成できないこともありますが、だからこそ達成できた時はうれしい。やりがいにつながります。お客様のところに伺う時、よく伺う方はもちろんですが、久しぶりにお会いする方もいます。そういう時に日頃のコミュニケーションが試されルような気がします。お手紙もよく書きます。お客様からすると私はお孫さんぐらいの年齢なんですね。伺うとお菓子をたくさんいただきます。ありがたいですね。とてもうれしい。これからもお客様との信頼関係を大切にしていきます。